幼少時代に関する夢夢占いの未来堂 | 無料で始める本格夢診断

「幼少時代」の夢占い結果は1件です。

幼少時代

幼少時代の夢は、あなたが現実を受け入れていないことを暗示しています。

あなた自身が幼少時代の姿になっている夢なのか、幼少時代の自分を客観的に見る夢だったかで読み取れる意味に違いがあります。

あなたが幼少時代の姿になって過ごす夢を見た場合は、現実から逃げたい気持ちが強いことを表しています。

現状に不満や悩みがあるものの、自分では解決できないと諦め現実に背を向けている状態です。

そのまま目を反らし続けても、いずれは現実に目を向ける必要に迫られます。

事態はあなたが思っている以上に早く悪い方向へと進むので、苦しくても今現実に立ち向かう勇気を持ちましょう。

幼少時代の自分を客観的に見てネガティブなイメージを感じたならば、あなたが挫折しそうになっていることを表しています。

頑なに今のやり方を続けても効果が薄いことを受け入れ、抵抗はあるでしょうが他の方法にトライしてみると良いでしょう。

一方で、幼少時代の自分をポジティブに眺める夢だった場合は、現実逃避を断ち切ることができる暗示です。

一時的に心が弱って現実から逃げてしまうかもしれませんが、時間を置くことで現実に向き合う覚悟が整うでしょう。